メインイメージ画像

エステに行って効果がなかった時の対処法

脱毛にフェイシャルに痩身に、あらゆる方面から美しさを高めてくれるエステというもの。そんなエステの利用に対して、時々効果がないから無駄であるという声を聞きます。エステの作用は現状ありきのものなので、利用者がその時どのような段階にいるかによって効果の出方も変わってきます。脱毛だったらもともと毛が濃い人と薄い人で、同じ処置をしていても毛が抜けるスピードは増減するでしょうし、今までどの程度ダメージを溜め込んできたかにより、パックやマッサージの力の及び具合も大きくなったり小さくなったりします。痩身などは脂肪のつき方に加え、本人の努力でも成果は激しく異なることが予想されます。

このようにエステの効果は、そもそも安定感のないものです。大きな効果が出たという人もいれば、まったく効果が出なかったという人がいてもおかしくはありません。そのエステに通っている人全員が無効果を主張しているのなら、エステ自体に問題があることは確実ですが、そうでないのなら実際に利用してみなければ、自分にどんな効果が出るのかはわかりません。それがエステの複雑なところです。

しかしそういった事実に加えて、エステの利用の仕方が効果の有無にかかわってくることもあります。

長期的に継続的に、ケアを繰り返すことで段々と結果が得られるようになるものを、短期間でやめてしまった場合はその典型です。エステは行ってすぐに劇的な変化が現れるものではありません。体のサイクルと共に、少しずつ良い方向につくりかえていくというのがエステの本質です。ですので通うことをせず、利用して数回の状態で判断してしまえば、効果がないとなるのは当たり前なのです。

エステの効果をしっかりと感じるためにも、最低でも数か月という単位でサービスを利用するようにしましょう。継続は力なり、利用を続けることで器具もマッサージも効果を持つようになります。長く利用して効果がないとなることは確かに不安ですが、エステによっては返金制度を設けているところもあります。積極的にそういったサービスを展開しているところを選べば、リスクの軽減ができ安心です。

更新情報